世界を変えようとしている

ドローンがもたらす未来とは

ドローンの時代

自動飛行が出来る小型無人機「ドローン」

 

まずは、この花火の動画を観てください。

 

花火の中から花火を見る、これがまさに「ドローン」の世界です。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

このところ中国企業などに出遅れた日本勢の「ドローン」の世界へのあわただしい参入が相次いでいます。

 

ソニー、コマツ、富士通、セコム、ヤマハなど日本の代表的な企業が雪崩をうって参入、といっ感じなのです。

 

その実力は計り知れない可能性を秘めており建設や農業などさまざまな分野でもその活躍が期待されているからなのです。

 

 

調査会社シード・プランニングによると、ドローンの国内市場は2015年の16億円から2020年には186億円に膨らむ見込みだといいます。

 

巻き返すには性能の向上だけでなく安全な飛行へのさまざなな環境整備も欠かせないのです。

 

ここでは、そもそもドローンって何?から
特質、操縦法、産業分野での活躍の可能性など「ドローン」のすべてを解明していきます。



 

「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶いま知りたいファイトケミカルロボット知り始め