むくみ

全身的な病気による浮腫

 

心臓・腎臓・肝臓などの働きが悪くなると、しばしばむくみがみられます。

 

全身的な病気が原因でむくみがみられる場合、全身性浮腫とよび、手や足だけではなく、顔面や背中にまでむくみが現れることもあります。

 

むくみが生じて病院を受診すると医師はまず心電図、エックス線検査、尿検査、血液検査などを行って、心臓・肝臓・腎臓などのはたらきを調べます。

 

もしこうした臓器に異常があれば、むくみの原因もしくはきっかけと考えられるでしょう。

 

関連参照むくみの原因

全身的なもの記事一覧

心臓のはたらきが悪くなって心臓に血液が戻りにくくなると、心不全と呼ばれる状態になります。この状態では静脈の血液が心臓に十分に戻れなくなるため、毛細血管の静脈側の圧力が高くなります。すると、毛細血管から漏れだしが多くなり、また毛細血管への再吸収も悪くなるので、からだがむくんできます。

腎不全とは、からだの中の余分な体液を尿として体外に出す腎臓のはたらきが悪くなった状態です。腎不全になると当然、からだの中に体液がたまります。そして過剰になった体液が血管の外にも多くなるので、むくみがみられます。腎臓性浮腫は急性や慢性の腎炎でしばしばみられますし、それが急性や慢性の腎不全になると主な症状の一つになります。また、ネフローゼと呼ばれる、腎臓からたんぱく成分(主にたんぱくのうちアルブミン)...

肝硬変とは、肝臓の障害によって肝細胞が大量に死んでしまい肝臓の中に線維が増えて肝臓が硬くなった状態です。肝硬変になると、肝臓の働きは極端に低下します。からだの中でたんぱく分を作る肝臓のはたらきも悪くなり、タンパク分の中でもアルブミンが作られなくなります。そのため、腎臓のネフローゼと同じようにむくみが強くなります。また同時に腹水が出ることもあります。

甲状腺樋能が低下すると、目のまわり、顧全体、手足がむくむ。汗をかかない、悪寒などの症状を伴います。

全身性浮腫を起こす病気は、ほかにもたくさんあります。なかでも、甲状腺ホルモンが少なくなる橋本病(甲状腺機能低下症)は、「粘液水腫」と呼ばれる全身的なむくみが特徴的です。また甲状腺ホルモンが多くなるバセドウ病(甲状腺機能九進症)でも、一時的にむくみが強くなることがあります。そのほか、リウマチや膠原病、アレルギー、炎症、薬剤などでむくむことがありますし、妊娠にともなう浮腫や原因不明の浮腫(特発性浮腫)...

page top