むくみ

腎臓性浮腫

 

腎不全とは、からだの中の余分な体液を尿として体外に出す腎臓のはたらきが悪くなった状態です。

 

腎不全になると当然、からだの中に体液がたまります。

 

そして過剰になった体液が血管の外にも多くなるので、むくみがみられます。

 

腎臓性浮腫は急性や慢性の腎炎でしばしばみられますし、それが急性や慢性の腎不全になると主な症状の一つになります。

 

また、ネフローゼと呼ばれる、腎臓からたんぱく成分(主にたんぱくのうちアルブミン)が尿の中に出てしまう病気もあります。

 

血管の中のアルブミンが減少すると血液が薄まったような状になり、血管の外に体液が漏れだしやすくなります。これもむくみにつながります。

 

腎臓性浮腫関連ページ

心臓性浮腫
心臓・腎臓・肝臓などの働きが悪くなると、むくみがみられます
肝臓性浮腫
心臓・腎臓・肝臓などの働きが悪くなると、むくみがみられます
内分泌性浮腫
心臓・腎臓・肝臓などの働きが悪くなると、むくみがみられます
その他の原因
心臓・腎臓・肝臓などの働きが悪くなると、むくみがみられます

 

だから、歩くのがいい和食の知識ビタミン・ミネラル活用事典あなたの知らない健康茶40歳の不都合な真実