抗がん剤使用中に発症したリンパ浮腫

抗がん剤使用中に発症したリンパ浮腫

 

乳がんや子宮がん、卵巣がんなどの治療中には、抗がん剤をしばしば使用します。

 

そのような場合、一部の抗がん剤の副作用として、全身、とくに手足にむくみがみられることがあります。

 

利尿薬やステロイド薬を使用すると症状は軽くなりますが、リンパ節をとった側(乳がんなら手術側、婦人科がんなら両下肢)に強い浮腫が残ることがあります。

 

抗がん剤との関連性は不明ですが、この状態を放置すると皮膚全体が非常に硬くなり、関節の動きも悪くなる可能性があります。

 

慢性化すると、治療に非常に困るケースもあるので、抗がん剤の使用中であっても、できるだけ早期に浮腫の治療をはじめる必要があります。

抗がん剤使用中に発症したリンパ浮腫関連ページ

蜂窩織炎
患者の多くが経験する合併症は蜂窩織炎
急性皮膚炎
全身的には熱が出ず、血液検査でも白血球の増加や炎症反応の上昇がみられない場合も
白癖症・皮膚感染症
患肢の足の趾や手の指のむくみが進行すると、指趾のあいだがむれて白癖症に
リンパ漏・皮膚潰瘍
皮膚のすぐ下のリンパ管が拡張して水庖状となった部分からリンパが外に漏れ出すことが
色素沈着
色素沈着は下肢のリンパ浮腫に多く、大腿や下腿の皮膚にしばしばみられます
乾燥・硬化・象皮症
患肢の皮膚はふつう、非常に乾燥してきます。
関節機能障害
関節まわりの靭帯にもリンパがたまっていることがあります
治療後の合併症
リンパがたまった袋ができることがあります。
静脈疾患を合併したリンパ浮腫
静脈の障害が起こると、静脈のうっ血が生じて強い浮腫がみられる。

 

だから、歩くのがいい和食の知識ビタミン・ミネラル活用事典あなたの知らない健康茶40歳の不都合な真実