体質の問題?

体質の問題

 

いつからむくみを意識し始めた?   

 

あなたがむくみを意識するようになったのはいつからですか。 

 

まずは、そこから振り返って みましょう。

 

社会人になってからむくむようになったのなら、環境の変化や運動不足などか原因です。

 

デスクワークで座りっぱなしになり、からだを動かす時間もない毎日を送っていたら、体内の水分のめぐりが悪くなるのは当然です。

 

また、30代に入ってからむくむようになったのなら、加齢によって代謝が落ちてきているのかも知れません

 

10〜20代前半からむくんでいたら

 

でも、10〜20代前半の若い時期から、腎臓病を患っているわけでもないのにむくんでいるとしたら、もともと、あなたはむくみやすい体質なのかもしれません。

 

若い時期は、代謝もよいので、普通に食べ、動いていれば気になるほどのむくみが起こることはありません。

 

ところが、もともと血管やリンパ管が細かったりすると、からだの水分のめぐりはわるくなります。

 

このようなタイプの人は、冷え症もともないやすいので、手足か冷たかったり、全身にだるさや頭痛、肩こりなどの不調があったりします。

 

ちなみに、体質は母親から受け継ぐことか多いので、あなたの母親がむくみやすいかどうかも判断のポイントになります。

 

 

では、むくみ体質だったら、もうあきらめるしかないのでしょうか?

 

そんなことはありません。100%むくみをとり除くことはできませんが、気をつけて生活すれば、今よりずっと快適に毎日を送れるようになります。

 

塩分をとりすぎない、水をこまめにとる、定期的に運動をする、など、むくみをとり除く小さな努力を利み重ねてみましょう。

 

このタイプの人は、女性ホルモンの影響を受けて月経(生理)前にむくみやすくなりますから、その時期にはリンパケアなどを重点的にするのもおすすめです。

 

また、体質改善といえば、漢方です。

 

漢方は、むくみの治療にも効果を発揮します。

 

ひとりひとりの体質の特徴をみきわめて漢方薬を処方してもらえますし、生活改善の効果をあげる手助けになります。ぜひ相談してみてください。

腎臓病になったことのある人は要注意!

 

子どもの頃に、腎臓病になったことがある人は、おとなになってからも、むくみに悩まされることがあります。医学的には完治していても、一度患っているということは、その臓器はほかの臓器に比べて弱いということです。

 

そのため.少しでも塩分を多く摂ったりすると.むくみ症状が出ることがあります。

 

日頃からファストフードを控えるなど、栄養管理には気をつける必要があります。

 

page top