水分摂取の問題

水。のまなすぎてものみすぎても、むくむ!

 

むくみやすい人は、水をのみすぎてはいけないのではと思って、水分摂取を控えてしまう傾向があります。

 

じつは、これが大間違いのもとなのです。

 

水分を控えれば控えるほど、体内の水分の濃度が濃くなってしまい、むくみはひどくなるのです。

 

では、たくさん水をのめばいいのかというと、それもNG。

 

水分をとりすぎると体内の水分濃度が薄まってバランスを崩し、むくみをひきおこすことになります。

 

 

 

 

適量のんで適量出す。めぐりをよくする基本

 

 

重要なのは、適量をのんで適量を尿で出していく、ということです。

 

適量とは、食事などを含めて1日に1.5〜2リットル。

 

これだけのむと、―日で1.5〜2リットルくらいの尿が出ます。

 

人れたものを出すことによって、体内の水分のめぐりはどんどんよくなります。

 

体内で崩れていた水分のバランスも整って、自然とむくみがとれていきます。

 

 

 

むくみにスポーツドリンクはNG

 

水分をとるときに注意したいのが、ナトリウムとカリウムのバランスです。

 

ナトリウムを控えて、カリウムをたくさんとるのがむくみをすぐに解消するためのポイントなのです。

 

スポーツドリンクなどにはナトリウムが含まれていますから、むくんでいるときは飲んではいけないのです。NGなのです。

 

水分をとるときは、利尿効果のあるドリンクと常温の水を中心に飲むようにしましょう。

 

また、おしっこをすることで、カリウムも流れ出てしまいます。

 

カリウム不足になると、むくみをひきおこしてしまうので、カリウムが多く含まれた食べもの(野菜類)や野菜が原材料のサプリメントで栄養補給を忘れずにしましょう。

 

 

 

アルコールの飲み過ぎはかえってむくみの原因に!

 

お酒をのむとむくむのは、アルコールコの成分が体内の水分のバランスを崩してしまうためです.

 

お酒をのむと、アルコールの利尿効果で尿意をもよおLます。

 

尿をたくさん出せば、からたは脱水症状になります。

 

今度は水分が欲しくなります。

 

ここで水をのめぱいいのですが、さらにお酒をのんでしまうと、血液中のアルコール濃度がどんどん高くなります。

 

血中アルコール濃度が高くなると、からだは、それを薄めようとしてさらに水分を血曾内にとり込もうとします。

 

すると。血管がひろがり、血管壁の目が粗くなって、水分が血管の外にじみ出ていくのです。

 

また、お酒のつまみには塩分の多い食べものがいっぱいあります。

 

つまみを食べることで、ナトリウム濃度が高くなり、よりいむくんでしまいます。

 

お酒を楽しむときは。つまみにlj塩辛いものを控え、カリウム豊富な野菜などを選びましょう、そして。お酒の昏昏、常温の水をチェイサー (口直し)として用意し、いっしょに飲んでください。

 

もしむくんでしまったら、デトックスドリンクをのんで屎を出しながら、常温の水もとって、体内のアルコール濃度を薄めていきましょう。

 

午前中から始めれば、午後からだんだんよくなっていくはずです。

正しい水の飲み方

水を飲むことで、むくみは解消されますが、間違った水の飲み方をしてしまうと逆効果になってしまうので注意しましょう。

 

 

ポイント.1

 

朝起きて、コップ1杯の水を飲む

 

寝ている間、寝汗や呼吸などで体の水分が失われ、朝起きたときには体はカラカラ、血液はドロドロ状態です。
まずは寝起きにコップ1杯(200d)の水を飲みましょう。

 

 

 

ポイント.2

 

1日1.5〜2リットルの水をとろう

 

成人の場合,汗や屎、便などを通じ,毎日2.5リットルもの水分を排出しています。
それを補うために、食事で1リットル。水で1.5リットルをとるのが理想です。
ただし、水分制限されている場合は医師の指示に従ってください。

 

 

 

ポイント.3

 

水をガブ飲みするのは危険!

 

水を急激に過剰穣取すると内臓に負廻がかかり、体がたるくなったり、消化不輿で下痢になったりします。

 

1回にコップ1杯を目安にこまめに摂取しましょう。

 

 

 

ポイント.4

 

喉が渇く前に水を飲む

 

喉が畑いたと感じてからでは、すでに水分不足になっています。

 

喉が渇く前に、水分補給をすることが、脱水症状や熱中症の予防にもつながります。

 

 

 

ポイント.5

 

常温の水、白湯を飲む

 

代謝を上げるには、季節に関係なく常温のの水を飲みましょう。

 

 

水を飲むタイミング

 

1回コップ1杯(200ml)を目安に、一日に6〜8回に分けて飲もう。

水分摂取関連ページ

体質の問題
もともと「むくみやすい」体質の人もいます。
生活習慣の問題
不規則な生活、偏った食事もむくみの原因となります。
冷え
冷え症とむくみは切っても切れない関係にあります。
運動不足
運動不足もむくみの大きな原因になります。
栄養問題
塩分のとりすぎ等で水がたまって、むくむ
女性ホルモン
むくみの原因がわかればむくみは解消できます。
痛み問題
からだのどこかに炎症があると、むくむ
心・こころ
ストレスを受けつづけるとご自律神経が乱れる
薬の問題
「薬」で、むくみがでることがある
年齢問題
加齢による基礎代謝のダウン
静脈『弁』が損傷
立ちっぱなし、座りっぱなしで長時間同じ姿勢が続くと

 

だから、歩くのがいい和食の知識ビタミン・ミネラル活用事典あなたの知らない健康茶40歳の不都合な真実