女性ホルモンの問題

月経前はむくみと便秘が起こりやすい

 

1か月のうちで、月経(生理)前になると決まってむくみが気になる、体重か増加する、という人も多いかもしれませんね。

 

これは、女性ホルモンが影響して、自然とからだに水分をためこみやすくなっているからなのです。

 

ですから、それほど心配することはありません。

 

この時期は、女性ホルモンのなかの黄体ホルモン(プロゲステロン)が上昇するため、全身にさまざまな不調が起こりやすくなります。

 

まず、むくみは代表的な月経前の体調の変化のひとつです。

 

月経の10日くらい前(排卵後)から、黄体ホルモンが上昇し始めると、体内に水分をためこもうとして、とくにおなかにむくみが起こりやすくなります。

 

このむくみの影響で、腸の働きが弱まり、便秘にもなりやすくなるのです。

 

 

ホルモン変動でむくむ裏には栄養不足もある

 

この時期のむくみや便秘は一時的なもので、月経が始まると治ってしまうのが普通です。

 

それでも気になるときは、マッサージをしたり、食事内容に注意したりするだけで、よくなります。

 

ただ、ほかの時期と比べて体重差が2kg以上あったり、腹囲が3cm以上大きくなったりするなら(それくらいサイズに違いが出てくると、スカー卜やパンツのファスナーが上がらない、からだが重ぐ感じる、顔つきがかわってみえる、など明らかな変化を感じるようになります)、婦人科や漢方外来を受診する必要があります。

 

月経前のむくみがここまでひどくなる裏には、ベースに栄養不足や運動不足などの問題があるはずです。

 

栄養不足や運動不足で普段からむくみやすい状態になっていると、女性ホルモンの変動に、からだが振り回されてしまうのです。

 

なお、婦人科や漢方外来では、PMS(月経前症候群)という診断名がつき、低用量ピルや漢方薬を使った治療をしてもらえます。

 

基礎体温と体重、腹囲を記録して

 

PMS(月経前症候群)では、むくみや便秘以外にも、ニキビや肩こりといった身体症状から、イライラ、落ち込みといった心の症状まで、さまざまな不調か起こります。

 

これらの不調も、低用量ピルなどによる治療でよくなっていきます。

 

PMSの診断や治療には基礎体温表が役に立ちます。体重、腹囲もはかって記録しておくと、むくみ解消の参考にもなります。

 

 

妊振するとむくむのは自然の流れ!

 

黄諮ホルモンは、妊娠に備えて、赤ちゃんを育てやすいように身体を変化させるホルモンです。

 

排卵後から月経前の時期に急上昇しますが、実際に妊娠すると黄体ホルモンひゃ上昇したままです。

 

そのため、妊娠期間中はむくみが起こりやすくなります。

 

さらに妊娠中は血圧も高くなりがちです。

 

高血圧が続くと血管に炎症が起こったり、腎臓に負担がかかったりしてむくみます(妊娠高血圧症候群)。

 

赤ちゃんにも危険が及ぶので婦人科での治療が必要です。

 

女性ホルモン関連ページ

体質の問題
もともと「むくみやすい」体質の人もいます。
生活習慣の問題
不規則な生活、偏った食事もむくみの原因となります。
冷え
冷え症とむくみは切っても切れない関係にあります。
運動不足
運動不足もむくみの大きな原因になります。
栄養問題
塩分のとりすぎ等で水がたまって、むくむ
水分摂取
適量のんで適量出す。めぐりをよくする
痛み問題
からだのどこかに炎症があると、むくむ
心・こころ
ストレスを受けつづけるとご自律神経が乱れる
薬の問題
「薬」で、むくみがでることがある
年齢問題
加齢による基礎代謝のダウン
静脈『弁』が損傷
立ちっぱなし、座りっぱなしで長時間同じ姿勢が続くと

 

だから、歩くのがいい和食の知識ビタミン・ミネラル活用事典あなたの知らない健康茶40歳の不都合な真実