静脈『弁』が損傷

静脈の『弁』が損傷している場合

 

血液の逆流を防止するための静脈の『弁』が壊れている

 

下肢のむくみは、静脈還流障害(慢性静脈不全)のサインである場合があります。

 

下肢静脈の血液は、重力に逆らって心臓に向かい流れていきます。

 

これを「静脈還流」といい、その血流を助けるために、静脈には逆流を防止する弁(静脈弁)が備わっています。

 

また、、第2の心臓と呼ばれる、ふくらはぎの筋ポンプ作用によって血流が促されます。

 

しかし、立ちっぱなし、座りっぱなしで長時間同じ姿勢が続くと、ふくらはぎの筋ポンプ作用が低下し、心臓に向かう血流は停滞します。

 

下肢で静脈還流が滞ると、静脈内の圧力(静脈圧)が上昇し、血管内から血管外へ血液の血漿成分(水分)がしみ出て、細胞外に水分が貯留します。

 

これも、むくみの原因となります。

 

静脈内圧が高くなると静脈弁にかかる負担が大きくなって弁が壊れてしまい静脈還流障害となります。

 

これを放置しておくと、静脈瘤や皮膚潰瘍などになり、日常生活に支障をきたすこともあるため、早めの対処が必要となります。

page top