局所的なもの

静脈性浮腫

 

全身の血液は、静脈を流れて心臓に戻ります。

 

そのため、何らかの原因で静脈のはたらきが悪くなると、血液が心臓に戻れなくなって局所的なむくみが生じます。

 

とくに下肢の深部静脈血栓症や静脈瘤などで長期間静脈に血液がたまった状態(うっけつ状態)がつづくと、「血栓性静脈炎」と呼ばれる表在静脈の炎症をくり返したり、皮膚が硬くなり赤みを帯びて「うっ血性皮膚炎」という状態になることもあります。

 

またさらに重症化すると、皮膚が傷ついて「皮膚潰瘍」を生じ、非常に治りにくくなることがあります。

静脈性浮腫の原因と特徴

 

静脈のはたらきが悪くなると、毛細血管の中の血圧が上がり、血管の外へ血液がたくさん漏れ出します。

 

その量がリンパ管による吸収を上回ると、むくみがみられることになります。

 

静脈性浮腫の特徴は、下肢を下げる時間が長いほどむくみが強くなり、安静にして下肢を上げているとすみやかに改善することです。

 

また、静脈瘤はしばしば両下肢にみられますが、静脈血栓症はほとんどが片側です。

 

静脈性のむくみを長期間放置していると、色素沈着や皮下組織の硬化、皮膚炎、皮膚潰瘍へと進行する可能性がありますので可能なかぎり早く治療を受ける必要があります。

静脈性浮腫の原因となる病気

 

1.静脈瘤

 

静脈瘤は、風船がふくらむように壁の薄い静脈が膨れたものです。

 

原因は、下肢の表面にある表在静脈が深部静脈に合流する部分で逆流防止弁が壊れて、静脈の血液が逆流することです。

 

鼠径部(足の付け根)の弁が損傷される場合が多いのですが、膝高部(ひざの裏)からの逆流や、大腿部・下腿部の中間にある穿通枝と呼ばれる部分からの逆流がみられる場合もあります。

 

静脈瘤ができるきっかけとしては、妊娠、立ち仕事、遺伝などで、やはり女性に多い病気といえます。

 

 

2.深部静脈弁機能不全症

 

太くて大量の血液が流れる深部静脈で弁が壊れて、静脈の血液の逆流が起こることがあります。

 

この場合、下肢にうっ血によるむくみがみられます。

 

原因としては、外傷や手術、静脈内へのカテーテル挿入などが考えられますが、生まれつき弁がない先天性のものもあります。

 

この病気は静脈瘤を合併することが多いので、しばしば単純な静脈瘤として治療を受けていることがあります。

 

静脈瘤の患者さんは深部静脈の弁機能も調べる必要があるでしょう。

 

 

3.深部静脈血栓症

 

骨盤の中の太い腸骨静脈や大腿静脈・下腿静脈などの深部静脈に血栓ができた場合、心臓に向かう静脈の血流が止まってしまうので、下肢に急激に血液がたまり、強い痛みが出たりパンパンにはれたりします。

 

原因不明のこともありますが、手術やその後の安静が原因となることもあります。

 

また、血栓でつまった太い静脈を迂回するバイパスとして表在静脈が静脈瘤のようにふくらんだり、血栓で静脈の弁が引き延ばされてこわれることにより、二次的に静脈瘤がみられることもあります。

 

このような状態は「静脈血栓症後症候群」と呼ばれますが、その結果として静脈のうっ血がつづくため、さまざまな合併症がみられることがあります。

 

 

4.術後深部静脈血栓症

 

全身麻酔で腹部・胸部・関節などの手術など受けたあとに深部静脈血栓症が発症することがあり、術後の合併症として重視されています。

 

とくに肥満の強い方や術後の安静時間が長い方の場合などには、静脈が圧迫されれて血栓ができやすいので、手術中から血栓症の予防を行うことが勧められています。

 

平成16年には術後静脈血栓症を予防するため、術後に弾性ストッキングを着用することが保険適応になりました。

 

5.肺塞栓症

 

下肢や骨盤の中にできた血栓が肺に流れ込み、肺の血管がつまってしまう病気を「肺塞栓症」と呼びます。

 

一般には、エコノミークラス症候群(ロングフライ卜症候群)の病名で知られています。

 

肺に流れ込んだ血栓がきわめて大きいと、心臓から肺に送られる肺動脈が完全につまって急死することもあります。

 

一方、小さな血栓でも流れ込む数が多いと、肺に広範囲のダメージを与えて肺の働きが慢性的に悪化することがあります。

 

このような危険性があるときは、薬によって血栓を予防したり、下大静脈フィルターと呼ばれる傘のような形の装置を下大動脈に挿入して、流れてくる血栓を収り除いて肺塞栓を防ぐ処置も必要となります。


 

だから、歩くのがいい和食の知識ビタミン・ミネラル活用事典あなたの知らない健康茶40歳の不都合な真実