むくみの知識

リンパ管の特別な構造と運動

 

リンパ管の中のリンパは、静脈の血液と同じように重力に逆らって運ばれています。

 

そのため、リンパ管にも特別な構造や運動があります。

 

1>自動運搬能

 

リンパ管は、一定のリズムでリンパを運ぶような収縮運動(嬬動運動)をしています。

 

この運助は胃腸などの消化器でもみられる運動で、口から食べたものが逆流せずに便となって排泄されるのは蠕動運動によるものです。

 

この運動の速さは、自利留神経や温度・体位などに影響を受けるといわれています。

 

 

2>逆流防止弁

 

静脈と同じように、リンパ管にもリンパの逆流を防止するための逆流防止弁があります。

 

この弁は、リンパ管のはじまりに近いリンパ毛細管には存在しません

 

が、リンパが合流する前集合管から後には弁の構造がみられ、内部のリンパが逆流して手足にたまるのを防いでいます。

 

したがって、立った状態が長くつづいても、ふつうは手足に「リンパが逆流することはありません。

 

 

3>筋肉ポンプ

 

静脈と同じように、リンパ管でも筋肉によるポンプが重要な役割を果たしています。

 

筋肉がリンパ管を圧迫するように運動することにより、管内のリンパが逆流防止弁を開く方向に流れるのです。

 

ただ、静脈の筋肉ポンプと違うところもあります。

 

リンパ管は、筋肉のあいだというよりも皮下組織の中にあるので、ストッキングや包帯などで皮膚を圧迫しながら筋肉を動かすことが重要なのです。

 

そうすると、筋肉と皮膚の外からの圧迫で皮下組織の中のリンパ管が刺激され、リンパの流れが活発になります。

 

 

4>その他

 

呼吸運動、とくに腹式呼吸はリンパの流れを活発にするといわれています。

 

また、動・静脈の血液の流れや胃腸の運動もリンパの流れに影響します。

リンパ分水嶺(体液区分線)

 

リンパ管の分布の特徴は、全身の皮下組織にはりめぐらされている表在リンパ管でも、からだの真ん中や上下で、リンパ管同士のつながりが少なくなっていることです。

 

つまりリンパ管の流れには境界線があるのです。

 

リンパ管内のリンパは、この線を境にそれぞれのゴールとなる頚部、液嵩部、そけい部のリンパ節に流れ込んでいます。

 

この境界線は、山の尾根で雨水の流れが分けられて別々の川ができ、違う河口に流れ込むことによく似ており、「リンパ分水嶺」とも「体液区分線」とも呼ばれています。

 

このようなリンパ管の分布もリンパ浮腫の症状に関係しています。

 

また、治療方法にも大きくかかわってくるので、ここはよく理解しておく必要があります。

感染防御としてのリンパ管のはたらき

 

リンパ管やリンパ節は、細菌やウイルスの感染を防ぐ免疫反応で重要な役割を担っています。

 

細菌やウイルスがからだに侵入すると、体内では血液成分のうちの白血球が働いて直接、細菌を殺したり、ウイルスを無効化する「抗体」を作りだします。

 

このとき、白血球はリンパ管を通ってリンパ節まで運ばれて、細菌やウイルスを処理します。

 

そのため、感染したときにリンパ節が大きくなり「リンバ腺がはれた」という状態になるのです。

 

ただし、このように重要なリンパ節ですが、がん細胞の転移経路にもなるので、がんの手術ではとってしまう必要があります。

 

そのため、手術でリンパ管やリンパ節を切除したり、放射線治療や抗がん剤でそのはたらきが悪くなったときには、細菌に感染しやすく治りにくい状態となります。


 

だから、歩くのがいい和食の知識ビタミン・ミネラル活用事典あなたの知らない健康茶40歳の不都合な真実