むくみの知識

リンパの輸送

 

血管系では、心臓という「ポンプ」の駆動によって血液が押し出され、からだのすみずみで毛細血管網によって動脈と静脈が交流し、血液はとどまることなく循環しつづけています。

 

一方、同じ循環器系(脈管系ともいう)でも、リンパ管系の源流は組織液を吸収する毛細リンパ管です。

 

リンパ管は集合してリンパ管網をつくり、一定方向に流れて集められたリンパは、最終的に太いリンパ管(胸管)が静脈に接続して血液に流人し、体液(水分)量を維持しています。

 

心臓という「ポンプ」をもたないリンパ管では、リンパの輸送はどのようにして行われているのでしょうか? 

 

からだの位置(重力)や姿勢によって、リンパ管周囲の筋肉などの組織が動くことに伴って受動的な管壁の収縮が生じ、くねるような嬬動運動をしたり、弁の開閉によってリンパが行ったり来たりする振り子運動などによって運ばれています。

 

近年では、リンパ管の収縮は周囲の組織からの受動的な動きばかりでなく、リンパ管壁の自発的な収縮によっても起こることがわかってきています。

 

健常状態では、血流と比べてきわめてゆっくりとではありますが、確実に流れているのです。

 

流れの途中には、リンパ管に入ってきたリンパの中の細菌などの異物をとらえる「関所」のようなリンパ節がたくさんあります。

 

リンパ節内で種々の生体反応を起こしながらも、リンパはリンパ節を通り抜けて、やがて静脈に合流するまで流れつづけてゆきます。


 

だから、歩くのがいい和食の知識ビタミン・ミネラル活用事典あなたの知らない健康茶40歳の不都合な真実