リンパ浮腫の合併症

蜂窩織炎(ほうかしきえん)

 

リンパ浮腫の患者の多くが経験する合併症が、蜂嵩織炎(ほうかしきえん)と呼ばれる炎症です。

 

リンパ浮腫を起こした患肢ではリンパが移動できにくくなっているので、細菌の侵入を防ぐはずの白血球がうまく働きません。

 

そのため、細菌感染を起こしやすくなっています。

 

蜂窩織炎を起こすと、一般的には患肢に赤い斑点や広範囲の発赤がみられ、同時に38℃以上の高熱が出て、患肢の痛みをともないます。

 

軽い場合には、全身的な発熱がみられなかったり、斑点状の発赤がごく小範囲にとどまることもあります。

 

しかし、重症例では下腹部まで赤くなり、腸閉塞のときのように嘔吐をくり返すこともあります。

 

このような状態で病院にかかると、蜂高織炎ではなく「リンパ管炎」や「丹毒」という病名をつけられることもあります。

 

これらのちがいは、「炎症が主にどの部分にみられているか」ということだけです。

 

炎症が
皮下組織中心であれば蜂窩織炎
皮膚表面に限られていれば丹毒
リンパ管に沿ってみられれば、リンパ管炎
と呼ばれるのです。

 

炎症という意味では同じものですし、治療法も同じだと考えていいでしょう。

 

いずれも炎症の原因は細菌感染ですから、血液検査をすれば白血球数が増加しており、炎症反応を示す検査値も高くなっています。

 

蜂窩織炎の治療法は、圧迫やリンパドレナージなどの治療をいったん中断し、患肢を冷やし、安静を保ち、抗生物質を点滴・内服することで、これにより数日で症状が改善します。

 

ただし、高熱のために動けない場合や疼痛・嘔吐がみられる場合には、入院治療が必要となります。

 

また、この炎症がきっかけで浮腫が悪化することが多いため、その予防に十分な注意が必要です。

 

予防法としては、感染の原因となるようなことを避けることです。

 

すなわち、
白癬症(水虫)やリンパ漏などがみられるときは、早期に治療を開始する。
皮膚に傷がつくようなこと(たとえば鍼灸治療やカミソリでの毛ぞりなど)は避ける。
旅行や引っ越し、冠婚葬祭などで過労気味になったときは、十分に休養する。
温泉やプールに入ったあと、強い力でのマッサージを受けたあと、空気波動型マッサージ器を長時間使用したあとなどには注意する。

 

ここで取り上げた予防法は、、蜂窩織炎を発症した患者さんから聞いた炎症のきっかけを整理して得られたものです。

 

炎症をくり返す患者さんもおられます。

 

したがって一度蜂窩織炎を起こしたら、患者さん自身がそのきっかけとなったことを繰り返さないようにすることが大切です。

 

また、患肢を治療してむくみが改善すると、炎症を起こす回数が減る可能性があります。

 

炎症をくり返している患者さんほど、積極的にむくみを改善させる必要かあります。

page top